平成28年に歴史的魅力や特色を通じて、日本の文化や伝統を語るストーリーを文化庁が認定する『日本遺産』に大山が選ばれました。秋の大山を訪れる皆さまに楽しんでいただこうと平成27年より、大山観光振興会の観光PRとして大山街道沿いの宿坊や店先に財団が育てた「ざる菊」を置いていただいています。

4月に株分けした菊苗を圃場や菊鉢に植栽し、数回の草取りや施肥等の管理を行います。『花づくりボランティア』の協力を得て10月に入ると圃場のざる菊を鉢上げし、大山街道沿いやこま参道に750鉢、三ノ宮比々多神社に100鉢を納品しました。花の出来映えが天候に左右され難しい事もありますが、大山を訪れてくださる方に秋の風情を楽しんでいただけるよう、今後も育成に力を入れていきたいと考えています。