1月21日(木)峰山にある炭焼き小屋近くに今年初めてシモバシラの華(氷の華)が付いているのを見付けました。暖冬のため自然散策路がある峯山では昨年度より1ヶ月も遅れてやっと見られました。これは枯れたように見えるシモバシラという植物の根が吸い上げた水分が、外気温が下がることで氷の結晶が根元に付く不思議な現象です。一時期しか見ることが出来ないため出合えることは少ないようです。